後頭部とアイドル3

 

 

続き🧤

 

アカウントを作ってから多分1週間は放置した

 

ひたすら公式のブログ情報にいいねするだけ

 

 

そこからなにかのきっかけでクラスメイトも見れるようにしていたアカウントでフォローしていた人達?友達?にDMを送った

 

みんなが戻ってくることにやったーみたいな反応をしてくれたと思う

 

(やたら保険をかける性格だからこうやって堂々と表現するのが怖い、🤔)

 

ちなみに大体1年前のやけくそツイートの後に戻っておいでって言ってくれた子もすぐにフォローしてくれた

 

 

そうやって少しずつ昔仲良くしてくれた人新しく繋がった人と輪を広げていこうとした

 

でも当時とTwitterの使い方とかも色々変わっていて何より流れてくる画像が6人しかいなかったのが本当に辛かった

 

8人で黒いセーラー服を着ている画像が流れてきても辛かったと思うけど。

 

 

他のアイドルの応援にも同じアカウントを使った

 

気がついたら新しく好きになったアイドルの話ばかりをするようになった

 

もちろんそのアイドルの話も楽しかったし

 

というか過去形じゃなく楽しいし

 

 

けれどやっぱりあの時の気持ちを自分が必要としてた

 

 

 

ずっと好きだったグループは10周年記念期間みたいなのに入る(主観)

 

怪我をした推しは少し場所は違えどステージに立ってみんなと同じ衣装を着て笑っている姿もネットで見れた

 

初めて買ったCDの曲を今のメンバーで歌い直して衣装も新たに作ってみたいな動画も公開されてTLにいたほとんど全員が元号そっちのけで大騒ぎしてた

 

寝るまでの2時か3時半

 

旅行先のホテルのベッドで寝転がってにやにやしながらずっとTwitterにかじりついていた

 

 

 

🧤

 

グループ主催のフェスも行われた

 

チケットがあまり売れてないみたいなことをTwitter情報で知り不安になった

 

行きたかったけれどライブハウス野外ライブフェスは自分のパーソナルスペースが約束されていないから不安になって行けないことは自覚しているからまたTwitterにずっといた

 

 

終演後に載せられた写真を見た時

 

このグループはどこにでも行けると思った

 

人の海

 

って感じで

 

画面いっぱいに人がいて

 

ステージで6人が笑っていた

 

リストバンドの色が青色だった

 

 

本当に素敵なグループだと思う

 

 

グループは大型のロックフェスで10周年を迎えた

 

歌が上手 話題になった

 

色々意見が分かれがちな一般人にアイドルの名前を突撃リプする行動

 

今は不思議と好きかもしれない

 

もちろん節度を持ってやらなきゃいけないのは確か

 

 

 

10周年記念の書籍も出ることになった

 

最初それを写真集だと思って

 

まあ買わねえな

 

と思ったんだけど発売日が近くなって色々発表されてからインタビューメインのドキュメンタリー本と知った

 

買わなきゃな

 

の一言に尽きる

 

 

すごく好きな曲のタイトル

 

「幸せの貼り紙はいつも背中に」

 

「背中」は見えないところの言い換えで

 

幸せは見えないところにあるっていう解釈を小6の私はした

 

だから「背中」が「どこか」というわかりやすい表現に改変されたのがすごく悲しかった

 

またあの嫌なイライラが増えてきた

 

そして曲のリリースタイミングに対するイライラもセットで増した

 

メンバーや元メンバーの行動に不信感を抱いたり

 

あの頃が恋しくて泣いたりもした

 

、泣くのは今でもしてる

 

それで少しお願いしてネタバレをして貰ってあーやっぱりそうなのか、とか

 

色々考えて

 

なんでかは分からないんだけど

 

YouTubeにあった2017年春ツアー千秋楽の舞台裏映像を見た

 

あまり良くないことをしてる自覚はあったけど何故か見た

 

 

正直ドキュメンタリーがそこまで好きじゃない

 

夜のニュース番組でメンバーの泣き顔が放送されたのも嫌だった

 

なのに見た

 

 

印象的だったのは

 

「まつのは」っていう歌詞が

 

まだ「まちには」って歌詞だった所が流れた時

 

みんな綺麗な顔を真っ赤にして泣いてたのにそこだけ優しい笑いが起きて

 

変わったとこだみたいな声も聞こえた

 

 

暖かい

 

 

これが好きだったグループだ

 

ああ、

 

苦しい

 

けれど続けてあの夏の日の

 

約2万人の前でパフォーマンスをする6人の動画を見た時

 

どうしようもなく苦しいけれど

 

この人達に会いたいと思った

 

中1の秋に親に勇気をだしてこのライブに行きたいって言った時とほとんど同じ感情だと思う

 

 

🧤

 

午前中のテストが終わって近くのショッピングモールに行った

 

タワーレコードに10周年本は一つだけぽつんと置いてあった

 

少し裏表紙に傷があったけれど気にせずにとにかくすぐにレジに向かった

 

そこから3時間半ほとんど他のことを考えずに本を読んでいた

 

 

知らなかった事勝手に思っていた事本当は違う意味だった事可愛い事悲しい事好きな事

 

とくに6章の当時の空気感はめちゃくちゃに伝わってきた

 

そう言えばあの日学校が終わって真っ直ぐに向かったのも同じタワーレコードだった

 

涙が止まらなくなってティッシュを上手く出せなくなって2枚くらいびりびりになった

 

 

そしてずっと批判してた曲のリリースのタイミング

 

そこに込められた意味で引っ込んだ涙がまたぶり返した

 

 

 

読み終えてから凄いものを読んだ興奮と目が熱いのと鼻がかゆい気分

 

それでまたYouTubeを開いた

 

出てきたのが転校した2人のパートが誰に受け継がれたかみたいな動画だった

 

 

見てみるとこのパートこの子になったんだ、推しになったんだ、嬉しいな、ええ凄いこういう良さもあるんだ、みたいな嬉しい感情が湧いた

 

 

昔の好きだったエビ中

 

今のワクワクするエビ中

 

全く別物になった訳じゃないってそこでやっと理解出来た気がする

 

 

繋がってた

 

たくさんのパートは質を落とすとか別物になったとかじゃなくてその子の思い出を私の中で残しながら新しい物に変化じゃなくて進化した

 

 

なんでこんな簡単なことに気が付かなかったんだろう

 

あの時が1番好きなのは確かだけどあの時を経て今がある

 

逆に今があるからこそあの時にDVDや雑誌で戻ることも出来る

 

 

やっと変わっていくグループの波に乗れたような気がした

 

いや、そんな波ないんだと思う

 

ただ好きでいればいい

 

無理に好きでいる必要も無いけれど無理に嫌いになる必要も無い

 

 

 

時々思い出してたのは

 

思い出のひとつひとつが全部キラキラしていて

 

それを忘れない思いを忘れないために

 

自分自身が忘れたくないって思ってたんだと思う

 

ほんとに気づかなかっただけで

 

 

 

まさに幸せの貼り紙かも

 

 

🧤